100%

We'e looking for difference makers

Join us

グローバル オフィスを検索するか、当社にご連絡ください

お問い合わせ

Stay one thought ahead. Get our latest insights in your inbox with ThinkSpace.

    [mc4wp_checkbox]

    By clicking submit, I agree to GIC’s Privacy Statement

    Thank you for subscribing.

    Please check your inbox for a confirmation email.

    Sorry, it seems like something went wrong.

    Please try again

    リスクマネジメント

    閉じる

    GICの投資

    リスクマネジメント

    投資には慎重なリスクテイクが必要であり、リスクを特定し管理することは、GICの全社員が共有する重要な責任です。社員はそれぞれ、リスク管理の枠組みの中で、個々に説明責任を負い、明確に定義された責任を負っています。

    GICは、クライアントの許容度に見合ったリスクで、長期的に良好な実質リターンを生み出すポートフォリオを構築することに重点を置いています。これは、世界株式65%、世界債券35%で構成される「リファレンス・ポートフォリオ」によって特徴づけられます。

    リファレンス・ポートフォリオは、GICのパフォーマンスに対するベンチマークではありません。GICポートフォリオとリファレンス・ポートフォリオとの間には、時としてパフォーマンスに大きな差異が生じることがあります。

    また、GICポートフォリオとリファレンス・ポートフォリオのリスクエクスポージャーは、場合によって異なることがあります。GICは、規律ある長期的なアプローチの一環として、市場が高騰しているときにはリスクエクスポージャーを下げ、機会があればリスクエクスポージャーを上げることが可能です。

    GICにおける リスクマネジメント

    GICでは下記の通り、リスクマネジメントをしています。

    承認の取得
    取られるリスクは、GICのマンデートに基づき、顧客、取締役会、経営陣によって承認され、定義された範囲内に収めます。

    透明性
    ポートフォリオと各戦略における、主要なリスク属性およびダウンサイドリスクは、顧客、取締役会、経営陣によって十分に理解されるものとします。

    コントロール
    重大な損失の可能性を低減するため、方針、ガイドライン、管理プロセスを適切に整備し、行動による風評被害についても慎重に管理します。

    3つのディフェンスライン

    当社のリスクマネジメントモデルは、リスクの所有権と説明責任を明確にし、 透明性を高めるための「3つのディフェンスライン」に沿って運営しています。

    GICのアプローチ

    リスクマネジメントに対するGICのアプローチは、多岐にわたります。これは、ポートフォリオにリスクを全く存在させないということではなく、リスクを十分に認識し、設定したリスク許容度の範囲内で管理することを意味します。

    • ポートフォリオの投資に関するリスク管理
    • 法律、規制、コンプライアンスに関するリスク管理
    • 税務リスクの管理
    • 運営リスクの管理
    • サイバーセキュリティおよびITリスク管理
    • カウンターパーティーの信用リスク管理
    • レピュテーションリスクの管理
    • 人的リスクの管理

    ページトップに戻る