100%

We'e looking for difference makers

Join us

グローバル オフィスを検索するか、当社にご連絡ください

お問い合わせ

Stay one thought ahead. Get our latest insights in your inbox with ThinkSpace.

    [mc4wp_checkbox]

    By clicking submit, I agree to GIC’s Privacy Statement

    Thank you for subscribing.

    Please check your inbox for a confirmation email.

    Sorry, it seems like something went wrong.

    Please try again

    サンティアゴ原則

    閉じる

    GICの投資

    サンティアゴ原則

    GICは、政府系ファンド(SWF)の世界的なネットワークであるSWF国際フォーラム(IFSWF)のボードメンバーを務めています。このフォーラムは、SFWの活動およびサンティアゴ原則に関する理解を促進する目的で開催されています。

    シェアする

    GICにおけるサンティアゴ原則の実践

    PDFを保存する(英語)

    2008年、GICはアブダビ投資庁や米国財務省とともに、SWFと受益国のための一般に認められた9つの原則と、取り組みの策定に、先駆的に取り組みました。これは、良好なガバナンス、説明責任、透明性、慎重な投資慣行を促進し、安定的でオープンな投資環境を維持することを目的とした24の自主的なガイドラインで、サンティアゴ原則の基礎となるものです。

    サンティアゴ原則は、現在、GICを含む20以上のSWFが遵守しています。GICの原則の実践は、3つの主要な分野に分類することができます。

    指針となる理念

    この分野における健全な慣行と原則は、強固な制度的枠組みとガバナンス構造を支え、SWFが表明する政策目標に合致した適切な投資戦略の策定を促進するものです。

    GICにおける実践

    GICの法的枠組みはシンガポール会社法に定められており、政府との法的関係については、年次報告書やウェブサイトで説明しています。GICの目的は、シンガポールの外貨準備金の国際的な購買力を維持・向上させるという責任に則して明確に定められています。GICは主にシンガポール国外に投資しているため、国内マクロ経済政策協調の原則は適用されません。

    実践内容の詳細

    1. 制度の枠組み、ガバナンス体制

    指針となる理念

    オーナー、運営組織、マネジメント機能を分離した健全なガバナンス構造は、SWFのマネジメントが政治的影響を受けずに投資決定と投資業務を遂行するための、業務上の独立性を促進します。

    GICにおける実践

    シンガポール政府からGICに課している投資マンデートは、任命条件、投資目的、投資対象、リスクパラメータ、ポートフォリオを運用するための投資ガイドラインを明確に定めています。政府は、財務省を代表として、GICの投資判断に指示も介入も行わない一方で、取締役会に対してポートフォリオ全体のパフォーマンスに対する説明責任を課しています。経営陣は投資戦略を実行し、すべての投資取引に責任を持ち、取締役会および政府に対して定期的に報告します。GICはまた、シンガポールにおける第5計画機関として、様々な重要分野でシンガポール大統領に説明責任を負っています。準備金の保護における大統領の役割については、財務省のウェブサイトに掲載されている準備金管理の枠組みの中で、さらに詳しく説明されています。

    実践内容の詳細

    1. 投資およびリスクマネジメントの枠組み

    指針となる理念

    明確な投資方針は、SWFが規律ある投資計画と実践に取り組むことを示します。また、信頼できるリスクマネジメントの枠組みは、投資業務の健全性と説明責任を促進します。

    GICにおける実践

    GICは、政府が定めたリスクパラメータの範囲内で、投資収益目標を達成するための戦略的資産配分を定めたポリシー・ポートフォリオを軸に、規律ある投資計画と実践に取り組んでいます。リスクを特定し管理することは、すべてのレベルにおいて経営責任の明確かつ不可欠な部分です。リスクマネジメントに対する私たちのアプローチは、適切かつ効率的なリスクテイクを確保するためのポートフォリオリスクの管理、投資決定が適切に実施されるためのプロセスリスクの管理、そして人的リスクの管理という3つの側面から構成されています。

    実践内容の詳細

    ページトップに戻る