100%

We're looking for difference makers

Join us

グローバル オフィスを検索するか、当社にご連絡ください

お問い合わせ

Stay one thought ahead. Get our latest insights in your inbox with ThinkSpace.

    [mc4wp_checkbox]

    By clicking submit, I agree to GIC’s Privacy Statement

    Thank you for subscribing.

    Please check your inbox for a confirmation email.

    Sorry, it seems like something went wrong.

    Please try again

    GICについて

    閉じる

    GICについて

    責任ある政府系ファンドとして、 利益の先にある社会的価値を創っていく。

    地域と経済を、活性化させる長期投資を。

    GICは、シンガポール金融管理局(MAS)、テマセクと並んでシンガポールの外貨準備金を管理する三つの投資機関のひとつです。この中で、GICは政府の金融資産の大部分を管理しており、シンガポールの国際的な購買力を維持・強化する目的で、長期的な投資活動を行っています。

    投資で切り拓く、新たな未来。

    GICは、持続可能な世界を目指して、各国での再生可能エネルギー分野への投資も積極的に行っています。日本でも、過去には、太陽光や風力発電所を開発・運営してきたジャパン・リニューアブル・エナジー(JRE)に対し、2017年より米金融大手ゴールドマン・サックスと共同出資し、その成長戦略を長期的に支援してきました。

    GICのリーダーシップ

    GICのメンバーたちは、常に自己変革を続けています。投資パフォーマンスと組織のレジリエンスを強化するため、新たな能力開発、投資・運用のプラットフォーム拡大に常時取り組んでいます。

    役員紹介

    GICの最高経営機関であるグループ執行委員会は、経営および投資責任者で構成されています。本委員会は、経営陣から提案される投資やリスクに関する提言の諮問機関として、提言を関係取締役会や委員会に提出する前に審議する役割を担っています。また、本委員会ではグループ全体における主な事業、ガバナンス、組織方針上の課題についても管理・監督を行っています。

    GICの歴史

    1981年に設立されたGICは、後にシンガポール副首相と金融管理局の議長を務めたゴー・ケンスィ氏によって考案されました。ゴー氏が描いた大胆なビジョンは、シンガポールに安心できる経済的な未来を生み出す事へと繋がるものです。

    「多くの国や個人が豊かになるための、本当の秘訣なんて存在しません。十分な量の収入を貯蓄し、賢く、有益に投資すること。貯蓄を増やし、賢く投資すればするほど、早く豊かになることができるのです。」

    ゴー・ケンスィ

    GIC副代表(1981–1994)

    GICストーリー

    GICが設立された1981年。当時はまだ、ひとつの国が長期的なリターンを得るために、外貨準備金を運用するという考えが型破りだった時代。世界初の非コモディティベースのソブリン・ウェルス・ファンドとして、GICのビジョンは独創的かつ大胆で将来を見据えたものでした。

    志を同じくする長期投資家とのパートナーシップやビジネスの構築、私たちが共に働き投資する地域社会への貢献。40年以上の歴史を持つグローバル投資家として、これからも私たちはグローバル市場で責任ある投資を続けていきます。このビデオでは、そんなGIC設立の経緯と、GICの財産であり今日のGICの全従業員に受け継がれている、大胆さと勇気の精神をお伝えします。

    価値観

    GICは、私たちが大切にする価値観「PRIME」によって形作られています。
    PRIMEは5つの価値観それぞれの頭文字を表します。これらは、GICの行動および意思決定の基準となるものです。

    Prudence

    適切で予測可能なリスクを取るため、堅実な判断を行う。

    Respect

    全ての人に対して尊厳をもって接する。相手の考え方や取り組みを尊重する。

    Integrity

    誠実かつ倫理的であり、信頼できる。正しいことをする。

    Merit

    業績と態度、両方に対して公平に報いる。

    Excellence

    プロフェッショナルとしての誇りをもって、最高クラスの成果を提供する。最高の自分になるために努力する。

    私たちの価値観であるPRIMEは、モラルの羅針盤のようなものです。また、私たちは「野心」「敏捷性」「多様性」という3つの主要な文化的特性を持ち、未来に向けた準備を進めています。この3つの特性は、GICが世界をリードする長期投資家となるために、変化を受け入れ、異なる能力と創造性を評価するよう、私たちを導いてくれる存在です。

    「GICの信条のひとつは、 この国のあらゆる組織に共通します。 それは、揺るぎない誠実さです。」

    リー・クアンユー
    GIC創設者兼会長(1991–2011)

    ダイバーシティ、エクイティ、 インクルージョン

    GICでは、ダイバーシティ、エクイティ、インクルージョンの取り組みを通じて、企業価値であるPRIME(Prudence, Respect, Integrity, Merit, Excellence)を実践しています。私たちの働き方は、お互いを深く尊重し、明確な目的意識をもって成り立っています。一人ひとりがユニークで多様な考えを持つことで、GICのチームの視点を有意義にし、競争力のあるパフォーマンスを実現できると考えています。多様なメンバーが集まっていると感じることで、私たちはお互いに、そしてGICに対して共通の帰属意識を持つことができるのです。

    サステナビリティ

    GICは、サステナビリティに優れた企業は、長期的にリスク調整後の投資リターンが向上する見込みがあると信じています。

    イベント情報

    GIC Insights

    GIC Insightsは、GICが2016年から毎年開催しているソートリーダー=各分野の先導者向けの最重要イベントです。世界のビジネスリーダーたちが招かれるこのイベントでは、国際的なビジネスや、投資業界に関する長期的な課題についての議論が行われます。

    Bridge Forum

    Bridge Forumは、GICのグローバルなネットワークが活かされた、大手企業や次世代を率いる企業が一堂に会するイベントです。各業界の破壊的な技術革新や、イノベーションへの理解を深めるための独自の場であり、インパクトを重視したこのイベントは、これまでに優れた経営指導者や技術的先駆者を約200名ほど招待し、シリコンバレー、ヨーロッパ、アジア、オーストラリアなどで450回以上開催されています。

    ページトップに戻る