100%

We'e looking for difference makers

Join us

グローバル オフィスを検索するか、当社にご連絡ください

お問い合わせ

Stay one thought ahead. Get our latest insights in your inbox with ThinkSpace.

    [mc4wp_checkbox]

    By clicking submit, I agree to GIC’s Privacy Statement

    Thank you for subscribing.

    Please check your inbox for a confirmation email.

    Sorry, it seems like something went wrong.

    Please try again

    コラボレーション&パートナーシップ

    閉じる

    サステナブルな投資

    Collaborations & Partnerships

    サステナビリティは、シンガポールの外貨準備を管理する長期投資家としてのGICのマンデートの中核を成すものです。また、サステナビリティ戦略の一環として、サステナビリティに関連したリスクと機会に関するエンゲージメントと情報開示を強化するため、同様の考えを持つ組織とのコラボレーションやパートナーシップを通じて、市場のアプローチや情報開示についての情報を、積極的に提供します。

    長期投資家として、GICは、投資家や企業がより良いビジネス上の意思決定を行い、より持続可能なビジネスモデルへと移行するために役立つ、サステナビリティ関連のイニシアチブの進展を望んでいます。

    AIGCC(気候変動に関するアジアの投資家団体)

    気候変動はGICの時代を特徴づける問題のひとつです。AIGCCのプラットフォームは、気候変動問題やより環境的にサステナブルな経済への移行に対するアジアの投資家の視点について、世界的に理解を深めていることで知られています。

    AIGCCをはじめとする同様の考えを持つ組織とのパートナーシップを深めることで、GICは気候変動に関連するリスクと機会を投資活動に組み込むことを加速させ、投資先企業のよりサステナブルな道への移行をよりよく支援していきます。

    Climate Action 100+

    Climate Action 100+ は重要な投資家イニシアティブであり、気候関連の財務情報の開示を強化し、長期的なリスクと機会に対処するビジネス戦略を取り入れることを奨励するものです。

    これまで、エンゲージメントの取り組みを通じて、認知度を高め、主要な組織からの有意義なコミットメントを得ることができました。GICはこの重要な取り組みをさらに発展させるために、他の加盟投資機関と協働します。

    CDP(カーボン ディスクロージャー プロジェクト)

    CDPは、気候変動に関係するビジネスリスクと機会についての情報開示を促進する上で重要な役割を担っています。CDPの情報開示の枠組みは、企業が測定、監視、開示すべき重要な指標に関する明確なガイダンスを行い、そのデータベースは投資家に一貫性のある財務関連の気候変動メトリクスを提供しています。

    同時に、これによって気候変動リスクと緩和策に関する対話の焦点と質を高めることができます。投資家にとって高品質のデータにアクセスできることは有益で、TCFD(気候関連財務情報開示タスクフォース)に沿った開示を奨励するCDPの努力を投資家は支援すると信じています。

    金融安定理事会の気候関連財務情報開示タスクフォース(TCF)

    金融安定理事会の気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)は気候に関する報告について国際的に認められたフレームワークを開発するために設立されました。TCFDは企業が気候関連の戦略を開示し、投資家が長期的な投資判断に気候変動への配慮を組み込むための実践的な枠組みを提供しています。

    GICは、長期投資家として、比較を可能にし、具体性を高めた点に関して、サステナビリティに関連した情報開示の進展を歓迎します。

    FCLTGlobal (Focusing Capital on the Long Term)

    FCLTGlobal は非営利団体で、ガバナンス、業績を向上させる戦略、インセンティブ、資本市場における政策、そして長期成功に導く投資家の企業関与を通したビジネスや投資の意思決定に、長期的な視点をおくことを奨励しています。

    GICは、長期的な視点と優れたスチュワードシップに基づく責任ある投資を信条とし、ポートフォリオと投資先のコミュニティにとってより良い結果を追求しています。

    ページトップに戻る