100%

We'e looking for difference makers

Join us

グローバル オフィスを検索するか、当社にご連絡ください

お問い合わせ

Stay one thought ahead. Get our latest insights in your inbox with ThinkSpace.

    [mc4wp_checkbox]

    By clicking submit, I agree to GIC’s Privacy Statement

    Thank you for subscribing.

    Please check your inbox for a confirmation email.

    Sorry, it seems like something went wrong.

    Please try again

    法的枠組み、目的、マクロ経済政策との調整

    閉じる

    サンティアゴ原則

    1. 法的枠組み、目的、マクロ経済政策との調整

    原則

    1

    政府系ファンドの法的な枠組みは、効果的な運用と目的の達成を支援する健全なものでなければならない。

    1.1

    政府系ファンドの法的な枠組みは、政府系ファンドとその取引の法的健全性を保証しなければならない。

    1.2

    政府系ファンドの法的根拠と構造における主な特性や、政府系ファンドと他の政府機関の間における法的関係は、一般に開示しなければならない。

    実践

    GICの法的枠組みは、1981年のGIC設立時にも適用されたシンガポール会社法に詳述されています。GICはシンガポール政府が 100%所有しています。GICは政府から投資を委任されており、選任要件、投資対象、投資期間、リスクパラメーター、ポートフォリオ運用のための投資ガイドラインが定められています。

    シンガポール会社法は statutes.agc.gov.sg(英語) にて閲覧可能です。

    GICとシンガポール政府との法的関係は、当ウェブサイトや年次報告(英語) にて開示されています。

    原則

    2

    政府系ファンドの政策目標は明確に定義され、一般に開示されなければならない。

    実践

    GICの目的は明確に定義されており、政府に対して長期的に良好なリターン、つまり20年間の投資期間中に世界のインフレ率を上回る妥当なリスク調整率を達成することを目指しています。このようなリターンを達成することで、GICはシンガポールの外貨準備金の国際的な購買力を維持・向上させるという責任を果たしています。外貨準備金は、安定した収入をもたらし、現在および将来世代のための支出または投資に利用することが可能です。

    GICの目的は、以下のサイトで公開されています:

    原則

    3

    政府系ファンドの活動が国内のマクロ経済に直接影響する場合、全体的なマクロ経済政策との整合性を確保するために、国内の財政および金融当局と密接に連携しなければならない。

    実践

    GICは、シンガポールの外貨準備金の国際購買力を維持・向上させるという使命に基づき、原則としてシンガポール国外で投資を行っています。そのため、この原則はGICには適用されません。

    GICの政策目標は、以下のサイトで公開されています:

    原則

    4

    資金調達、資金の引出し、費用支払いに関するSWFの一般的な方針、規則、手順、取り決めを明確に定め、一般に開示しなければならない。

    4.1

    政府系ファンドの資金源は、一般に開示しなければならない。

    4.2

    政府系ファンドからの引出しおよび政府に代わっての出費に関する方法全般は、一般に開示しなければならない。

    実践

    財務省の発表によると、シンガポール政府の資産源は、国債の発行による収入、政府の余剰金、政府の土地売却による収入などで構成されています。

    シンガポール憲法では、政府が保有する準備金の投資収益のうち、どの程度を支出できるかを決める支出規則が定められています。この支出規則では、GICが運用する準備金とシンガポール金融管理庁が保有する準備金の長期的な期待実質収益の50%までを、政府の年間予算に組み入れることが認められています。

    原則

    5

    政府系ファンドに関する統計データは、マクロ経済データに適切に含めるために、オーナーに対して適時または要求に応じて報告しなければならない。

    実践

    GICは、財務省内の主計局に月次および四半期報告書を提供しています。報告書には、実行された金融取引、保有資産、銀行口座の残高が記載されています。また、この報告書にはパフォーマンスとリスクの詳細な分析、アセットクラス、国、通貨ごとのポートフォリオの配分が記載されています。

    ページトップに戻る